福岡・大名 マンションの一室の美容室 peach スタイリスト 藤島寛之のブログ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『 おとなのけんか 』



これはもう、映画であり舞台 ですね。

同じ場所で限られた人数のキャストが

言葉を交わす・・という意味では。

4人の話し合い、又は問答が、途切れる

ことなくずーっと続き、そのテンポに

惹きつけられて、一気に80分経過。

そんな感じです。かなり笑えます(^^)

:::::::::::::::::::
以下はウィキペディアから

引用させていただきました。
:::::::::::::::::::

『おとなのけんか』(原題: Carnage)は、

2011年のフランス・ドイツ・ポーランド・

スペイン合作のコメディ映画。

ヤスミナ・レザ(英語版)による戯曲

『大人は、かく戦えり』に基づき、

レザ自身とロマン・ポランスキーが

脚本を書き、ポランスキーが監督を

務めた。

ちなみに原題の"Carnage"とは虐殺の意。


[ストーリー]
11歳のザカリー公園で同級生のイーサンを

棒で殴り、前歯を折る怪我を負わせる。

この喧嘩の後始末をするために、「被害者」

の親である夫妻は、「加害者」の親である夫妻の

自宅マンションに招く。

当初、友好的に「子どものけんか」を解決しようと

するのだが、会話を重ねるにしたがい険悪な

雰囲気になっていくばかりか、それぞれの夫婦の

間でも感情的な対立が生まれていく。

詳細ホームページ
http://bd-dvd.sonypictures.jp/otonanokenka/
Janis Joplin - Half Moon


久々にこんな人のこんな曲を

聴いてみる。というか、見てみる。

この動画を You Tubeで発見した時に

一気に何か、そう本物がよみがえった

気がしました。音はわりと容易に聴けて

しまうのですが、動画はなかなか

お目にかかれない。というか、

“だれが持ってるかな?”からはじまる

わけです。しかし、You Tubeは違う。

“検索”。それだけです。ないものはない、

というくらいに、芋づる式ですよね。

それは、この Janis Joplin に限った

ことではないけれど。そんなにメジャーな曲

ではないかも。だけど僕はあえてこれ。

このリズム。

ベースの人の首の動きとかが大好き(笑)。

明日から8月突入。。。
『奇跡のリンゴ』



『奇跡のリンゴ』を見ました。

最近ではなかなか、DVDを

ゆっくり鑑賞する時間もなくて、

ピーチ内を掃除したりするときに

PCのモニターに、見たい映画を

流しながら作業したりします。

“チラ見”しながらって感じです。

『奇跡のリンゴ』まさにそんな感だったの

ですが、だんだんストーリーに

引き込まれていって・・作業の手を

とめました。

あたたかい気持ちになりました。



『奇跡のリンゴ』2013年制作の日本映画。
絶対に不可能と言われた無農薬リンゴの栽培に
成功し、“奇跡のリンゴ”として大きな話題を
集めた青森のリンゴ農家・
木村秋則の実話の映画化。 wikipedia引用
penguin cafe orchestra / Air á Danser

ペンギンカフェオーケストラ。

何回も聴いて、で、飽きて

またいっとき経って・・聴く。

そんな“お気に入り"が

いくつかあるんですが、

その中の 一つです🎶

黙々と、何か、

やりたくなります^ ^
魚ごっこ。


先日、AKIRAさんから

“ボガンボス”の

DVDをお借りしました。

すごいファンとまでは

行きませんが、一時期、

ちょっとかじってた程度。

いや、まあ結構、好きな方かな。

お借りした画像はわりとレアなのか

YOUTUBEでは見つけきれませんでしたが、

なんとなく、いい感じのヤツを引っぱって

きました。投稿者の方、

申しあけありません。

いろんな意味で、古き 良き 自由な

世界が広がります。

世代的に縁のない方もぜひ、クリック!です(^^)
Lou Donaldson Quintet - Alligator Bogaloo


ルー・ドナルドソン。

ジャズにはまり始めたころ

良く聴いてたな〜。

新鮮です。

今日もまた、

ぼちぼち忙しい日でした。



いろんなお客様が、僕に

いいアイデアをくれます。

または、ハッピーを。

そう、そして、こんな

ノリのヤツを聴きたくなって

しまいます(^^)

『 アナと雪の女王 』


『 アナと雪の女王 』を見に行きました。

この映画に限ったことではなく

ディズニー全般に対して

僕が持っているイメージなんですが

“実写に限りなく近い

リアルなアニメ”というか、

その感じがちょっと抵抗が

あったんですが、そういうのは

一気に無くなりました^o^

素晴らしかったです。

ストーリーも、

そして松たか子の歌も。

本当に引き込まれました★
『 ヒューゴの不思議な発明 』

2011年、イギリス、アメリカ 
監督 マーティン・スコセッシ

YUKIさんに、すすめられて

見ました。



今まで、あまりなじみのない

ジャンルだな〜、

と思いながら、


実際見たら結構面白かった!

   ・・そういう一本でした。

映像もきれいでおしゃれ。

音楽もいい感じで。

エリック・サティ♪が使われてました◎



ランニンアウェッ♪


一昨日の夜、友人Iと行った

“しはら”というラーメン屋さんで

流れてました♪

スライに関してすごく

詳しいわけではないんですが、

この曲は何か好きで耳から

離れない。

そう、昔、勤めてた頃。

仕事の方向性が大きく変わった時期を

思い出す・・そんな一曲です。。。


『かぐや姫の物語』やっと観ました☆



昨日の夕方、思い立って

キャナルの映画館に

駆け込みました。ここ最近、

気合と計画性をもたないと、

なかなか足を運べない・・映画館。

“充実”とも言えますが(^O^)

何人かの人にこの作品の素晴らしさ

を聞いてました。

まさに、裏切られることなく、もう、

最高の作品。人物や背景、全てが、

独特のタッチ。本物に忠実に

描くことがリアリティーではないのだと、

感じました。悲しさ。ちょっと楽しさ。

そして神秘的で・・見方によっては

怖い。高畑勲が、宮崎駿の世界とはまた

違う世界のジブリを

作り上げた感がありました。
http://kaguyahime-monogatari.jp/